1. ホーム
  2. 占いの人気特集
  3. ≫当たる手相占い・自分で分かる恋愛タイプ

当たる手相占い・自分で分かる恋愛タイプ

手相占いといえば、生命線や感情線といった線を見ることが有名ですが、実はそれだけではありません。爪の形や手の平の形・肉づきをみて占うなど、総合的な判断をして占い師は鑑定をしています。そして、恋愛の傾向が特にあらわれるとされているのが「指」です。ここでは指の形を7つのタイプに分けて、それぞれの恋愛傾向について解説します。

手相占いで見る7つの指の形

指の形は、こちらの7つのタイプに分けられます。

尖頭(せんとう)型
華奢でほっそりとした指。先に向かって細くなっている。

円錐型
尖頭型よりやや丸みを帯びている。

結節型
全体的にごつごつしている。節の部分が太くなっている指。

四角型
指先が角ばっている指。

へら型
指先が横に広がって、ヘラのような形をしている。

原始型
指が短く、手が全体に分厚い。

混合型
2種類以上にタイプが混ざっている。

手相占いで見る尖頭型の恋愛傾向

ロマンチストで、中には白馬の王子様を信じている女性もいるかもしれません。男女問わず恋多きタイプです。女性が爪を伸ばしたり、指を細く見せようとする深層心理には、恋多きタイプになりたい(あるいは見られたい)という考えがあるともいわれています。

手相占いで見る円錐型の恋愛傾向

明るく社交性があり、どこにいても人気者となるタイプです。そのため男女問わず親しい人ができますが、恋愛においては一途な傾向があります。情にもろいところがあるので、だまされないように注意してください。

手相占いで見る結節型の恋愛傾向

物質的な関心よりも精神的なものに対する関心が強く、思慮深い傾向があります。一人で行動することにも抵抗がなく、良い意味でマイペースです。恋愛面でも性格を重視する傾向が強いですが、それが潔癖すぎるととらえられてしまうこともあります。

手相占いで見る四角型の恋愛傾向

しっかりとした働き者の手といわれる手の形であり、恋愛面では結婚を前提とした付き合い方を望む傾向にあります。それがクールすぎるとか、恋愛下手ととられることも。また、失恋すると長い間引きずってしまうこともあるようです。でも真面目な人が好きという人にはたまらないタイプでしょう。

手相占いで見るへら型の恋愛傾向

知性があり活動的なのでモテるタイプです。しかし、男女ともに浮気や不倫に走りやすいともいわれています。そのため、ときには結婚に向かないタイプといわれることも。恋にのめり込み過ぎたときに、客観的なアドバイスをくれる友達を作ると良いとされています。

手相占いで見る原始型の恋愛傾向

いつも冷静で堅実なライフプランを立てられる良さがありますが、一方で感受性が乏しく、気が利かないと異性に思われてしまうことがあります。しかし、一度分かり合えれば一途に愛し合える関係を築けるでしょう。また、男女ともに性的に強い傾向があります。

手相占いで見る混合型の恋愛傾向

当てはまる2つのタイプを掛け合わせた恋愛傾向となります。また、複数の要素を持ち合わせているので、器用な人が多く、ふるまいによっては「したたかな人」と見られてしまうことがあります。

手相占いで見る恋愛傾向まとめ

指の形は、手相の線のように複雑ではなく、また、ごまかしもきかないので、恋愛傾向を探るのに便利です。自分を占うのはもちろんのこと、気になる人の指の形も確かめてみましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術