1. ホーム
  2. 占いの人気特集
  3. ≫手相鑑定士認定試験口コミ評判

手相鑑定士認定試験口コミ評判

手相について皆さんはどこまで知っているだろか?

皆さんは手相と聞いて思い浮かべるのは先ずは占いだと思います。私も第一印象は占いです。それ以外には思い浮かびませんでした。手相占いを普段趣味でやったりする人もたまにいますが、実際に手相も人の数分違いますのでかなり鍛錬を重ねないと分からないですし、実際に占い師がどれだけの知識やスキルを持っているのかなど聞く事は勿論無理ですし、占いを受ける側として考えて感じることも容易いことではありません。手相とはそもそも数多くの線があり、それぞれに意味がありますが私自身はほとんどわかりません。

手相に関して基本的な「7大線」というのを記載しますので参考までに見てみてください。

■手相の7大線

▽生命線

これは皆さんも良くご存知な寿命などの代表となる線です。健康的な状態や体力的な面が分かると言われています。

▽知能線(頭脳線)

頭の良さだけでなく、物事の考え方や才能などが現れる線として有名であります。例えば考え事が長くかかってしまう人に比べては判断が早く対応出来るということです。

▽感情線

性格などが分かる線として有名です。線の長さなどによって性格に大きな違いなどもあるため自身の性格と線とを比較してみると良いでしょう。

▽運命線

運命線としては分かりやすいのが長さや綺麗な線を描いているほど出会いや運命的な状態が多いとされています。逆に短かったり、途中で途切れてしまっているものは運命的にも比例してしまうと途中で挫折や良くない運命としてなってしまう場合があるとされます。

▽太陽線

大陽戦はない人もいます。大陽線はいわば人気者の印です。ないからといって決してダメなわけではなく、あればより良いという線の一つなのです。

▽財運線

その名の通り財運に関して表される線となります。

▽結婚線

結婚するにあたっての線については結婚に関する回数やどのような今後があるのかが線でわかります。結婚線で邪魔になるのが障害線となります。

以上が、手相の7大線の基本的な情報になります。

手相には「手相鑑定士認定試験」という認定資格があることを知っていますか。

手相鑑定士認定試験について皆さんはどのくらい知っているだろうか。私は手相鑑定士そのものが占い師として知られていると思うがその占い師に認定試験が存在することを皆さんはご存知だろうか。

実際には手相鑑定士認定資格を取得していると手相を行うにあたって先ずは受ける側の信頼性が確実なものへと変わります。また、認定者自身も手相に関しての実践的なノウハウを学んでいるという自身にも繋がる為、より好感度ある手相占い師となれるのです。例えば本業がある場合は趣味として手相鑑定士の認定試験を受け、取得する事で趣味の本格度も増すばかりなのです。路上で手相占いを行っている人も持っている人がどれほどいるかはわからないが、自身が認定資格を保持しているだけで路上で行うにあたっても看板を掲げやすく、売りにも出来るという訳です。持っていなくても独学で行い、実際に評判を得ている鑑定士も数多くいるが、信頼性を先ずはいち早く受けるのに認定資格はかなり適していると言える。

実際にこれから手相鑑定を行う人になろうとしている人、またこれから手相鑑定士を目指そうとしている人は是非この認定試験を受けて取得してみてほしい。必ず取得することで手相にする知識は勿論、手相鑑定士資格を存分に活用出来ること間違いなしです。

実際にこちらの資格を取得して手相占いの道へ向かっていった友人もいるのですが、元々証券会社で勤務していましたが人間関係に悩み、それが原因でたまたま路上で手相占いに出会って興味を持ったことがきっかけでした。手相は決して相談などではなく、その人の元々備わっているものから読み取って言葉を発することで相手の普段に刺さる箇所があればその人にとっての自身の考え方に影響を与えるきっかけにもなるでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術