1. ホーム
  2. 占いの人気特集
  3. ≫星座×血液型占い!いて座AB型はどんな人?

星座×血液型占い!いて座AB型はどんな人?

いて座AB型の人はどんな人?

いて座11月22日~12月21日生まれの人を指します。
そこからさらに、血液型までチェックすることで、性格や様々な運勢を知っておきましょう。
さて、いて座AB型は、どんな性格をしているのでしょうか?

いて座AB型の人の特徴

特徴
行動力があり、束縛されることなく、スリルを求めて同時の世界観で突き進んでいくタイプです。
好奇心旺盛で勉強家で、楽しいことを求めて色々なところに出向きます。変化の激しい人生で、若いうちは安定しない生活を送る可能性があります。
しかし、元々物欲や、社会的地位などに興味がないため、平凡な会社員などになると、息苦しくなってしまいます。生涯かけて追及したいものがあれば、それに向かって徹底的に追及するのも良いでしょう。
自由に動いていくことが、いて座AB型の人が楽しめる人生と言えます。

性格
自由で飽きっぽい性格です。好奇心は旺盛で行動力があるため、これというものを見つければ、一生懸命行い、次の瞬間はまた別のものに挑戦しているようなタイプです。
基本的に楽天家なので、良くも悪くもあまり悩むことはありません。しかし、ある程度の粘り強さと、持続する力はつけていく必要があります。
ただ、どれもいて座AB型の人の性格なので、決めたことを少し我慢してやり続けることと、何でも果敢に挑戦するエネルギーは大切にしながらチャレンジしていくと、驚くほどの成長を遂げることが出来ます。モチベーション維持のために、同じ志の仲間がいると良いでしょう。

恋愛面
普段のいて座AB型の人からは想像しづらいですが、恋愛では意外とストレートで大胆にアプローチしていきます。
いて座AB型の人が好きになるのは、ただ外見が良い人ではなく、お互いに尊敬しあい、束縛をしない相手かどうかです。どんなに大好きだった相手でも、一度相手に幻滅してしまうと一気に冷めてしまいます。
また、付き合ってから成長がない人や、刺激も大切なので、マンネリ化してしまっても、冷める原因になるでしょう。
自立した相手を見つけるころが大切です。

結婚面
家庭に縛られることが、いて座AB型の人は苦手とします。そのため、あまり家庭的なタイプとは言えません。結婚に対してそこまで重きを置いていないので、結婚しなくても、お互いを尊重できるのなら、それで良いと考えます。ずっとカップルとして、同棲しつつお互いを高めあう、などはぴったりでしょう。
もしくは、結婚するとすれば、いて座AB型の人の自由奔放さを理解してくれる人でないと、結婚生活に亀裂が走るのも時間の問題です。
とにかく、付き合うにしても、結婚にしても、パートナーに自由と尊重を理解してもらえるかがポイントになります。

金銭面
お金はいつも不安定で、大きく入ることもあれば、全く入らないこともあります。
自由な性格なので、貯金をしなければいけない、お金を儲けなければいけないという考え方もあまり好きではありません。急に大きなお金が入ったときも、ノリで使うのではなく、少しでも貯金をしていくよう心がけましょう。
必要最低限の生活費を確保することはできますが、残った分はすべて使ってしまう浪費癖は直してくべきです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術