1. ホーム
  2. 占いの人気特集
  3. ≫無料簡単心理テストであなたが秘書に向いているかズバリ診断

無料簡単心理テストであなたが秘書に向いているかズバリ診断

あなたは秘書に向いているタイプでしょうか?自分自身ではわからないかもしれませんので、簡単な心理テストで当ててみましょう。次の質問に答えてみてください。

友達から紙に書いたメモを別の友達に渡してほしいと言われました。さてあなたはどうやって渡しますか?

メモを読んでその内容次第で決める

言われた通りそのまま渡す

メモを友達の友達に渡してもらう

メモを封筒に入れて渡す

直感で答えてみてくださいね。それでは一つ一つ見てみましょう。

メモを読んでその内容次第で決める、を選んだあなた

メモを読んでその内容次第で決めるを選んだあなたは、秘書に向いていません。友達から別の友達に渡されたメモを断りもなく読んでしまい、それによってさらに渡し方を考えるとなると、相手としても内容を読まれたと思っていい気がしません。秘書に向いているのは、守秘義務を守れる口の堅い信頼できる人であると同時に、あまりあれこれと他人のプライバシーを詮索しないような人柄です。あなたは他人が気になってしまい、なおかつあまり気が利いた計らいはできないので、秘書業務には向いていないでしょう。

言われた通りそのまま渡す、を選んだあなた

言われた通りそのまま渡すを選んだあなたは、まあまあ秘書に向いています。あなたは単純に言われたことを言われた通りに遂行することができ、またあまりあれこれと他人のプライバシーを詮索するようなことはないので信頼がおける性格でしょう。秘書に向いているのは、守秘義務を守れる口の堅い信頼できる人であると同時に、あまりあれこれと他人のプライバシーを詮索しないような人柄です。欲を言うともう少し気が利いているとさらに良いのですが、言われたことを素直にやることができるというのは秘書の基本かつ重要な素質ですので、あなたは向いていると言えるでしょう。

メモを友達の友達に渡してもらう、を選んだあなた

メモを友達の友達に渡してもらうを選んだあなたは、秘書に全く向いていません。友達があなたに預けたメモをさらに別の人間に渡すとなると、その人間が読んでしまう可能性があるわけですので、あなたに渡した友達が知ったら良い気がしないでしょう。秘書に向いているのは、守秘義務を守れる口の堅い信頼できる人であると同時に、あまりあれこれと他人のプライバシーを詮索しないような人柄です。友達に渡してしまうようなあなたは、そういうデリカシーに欠け、気を配りながら業務を遂行することが困難であり、また守秘義務を守ることも難しいので、秘書にはならないほうがいいでしょう。

メモを封筒に入れて渡す、を選んだあなた

メモを封筒に入れて渡すを選んだあなたは、秘書に向いています。秘書に向いているのは、守秘義務を守れる口の堅い信頼できる人であると同時に、あまりあれこれと他人のプライバシーを詮索しないような人柄です。きっと友達は忙しくてメモに走り書きしてしまったのでしょうが、本来であればプライベートなメモであるはず。あなたを信頼して託したとはいえ、渡された相手としてはメモのままではあなたが読んだと誤解するかもしれません。それを悟ったあなたはあえて封筒に入れることで、自分は読まずに単に渡しているだけと暗示し、相手を安心させてあげることができます。気遣いができるのは秘書の大事な素養ですので、あなたは十分に秘書に向いていると言えるでしょう。

心理テストでわかったこと

さてあなたは秘書に向いていましたか?秘書は日常の事務仕事やスケジュール管理をこなすだけでなく、どれだけ気配りができたり、信頼を得られるか、ということが大事になってきます。その素養は、秘書に限らずビジネスをやっていく上で損にならない素質ですので、ぜひこれを機会に身につけてみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術