1. ホーム
  2. 占いの人気特集
  3. ≫無料簡単心理テストであなたが緊張しやすい人かをチェック

無料簡単心理テストであなたが緊張しやすい人かをチェック

あなたは緊張しやすいタイプですか?簡単な心理テストで当ててみましょう。次の質問に答えてみてください。

あなたは講演を聞きに行き、とても感動しました。その人のどんなところに感動しましたか?

身なり

話し方や声の張り

話の構成

感動的なストーリー

直感で答えてみてくださいね。それでは一つ一つ見てみましょう。

身なりを選んだあなた

身なりを選んだあなたは、とても緊張しやすいタイプです。緊張しやすいタイプというのはもともと他人から見られていると言う自己意識が強く、それによって意識が自分に向いてしまうことにより緊張してしまうことが多いのです。つまり講演で話の内容ではなく、まずはその人の身なりを気にすると言うあなたは、外見へのこだわりが高く、人に見られると言うことが常に頭の中にあるタイプです。自分が話す側になっているときは、見られていると言う意識が強く働いてしまいます。このタイプは、誰が見ていてもいなくても、勝手に誰かに見られていると言う意識が働き緊張してしまう傾向にあります。

話し方や声の張りを選んだあなた

話し方や声の張りを選んだあなたは、まあまあ緊張しやすいタイプです。緊張しやすいタイプは他人から見られているという気持ちが強く、つまり自己意識が強いと言えますが、会話の内容よりも外見や話し方、声の張りなどを気にするあなたは、人から見られるということに意識が向いやすい人といえます。つまり自分が話すときには、見られているというふうに意識してしまう傾向があります。その意識は外見というよりは、その時の話し方や声の張りなどによって、自分がどのような印象を他人に与えているかというのを気にしているようです。気にしすぎは緊張しやすさにつながりますが、一方で良い印象与えるには、話し方や声の張りは話の内容と同じ位大切な時がありますので、場数を踏めば成功するプレゼンができるタイプとも言えるでしょう。

話の構成を選んだあなた

話の構成を選んだあなたは、あまり緊張しやすいタイプではないです。緊張しやすいタイプと言うのは他人から見られていると言う気持ちが強く、つまり自己意識が強いと言えますが、あなたは外見や話し方と言うよりは純粋に講演で話す話の構成について意識がいっています。自分講演を聞く側の時に気になるポイントというのが、自分が実際に講演をするときに意識してしまうポイントと重なりますので、あなたは実際に自分が講演をするときは常に話の構成がうまく成り立っているかどうかを気にするでしょう。つまり話の中に没頭できていますので余計に意識が自分だけに向かうことがなくあまり緊張しないタイプと言えるでしょう。

感動的なストーリーを選んだあなた

感動的なストーリーを選んだあなたは、全く緊張しやすいタイプではありません。緊張しやすいタイプと言うのは他人から見られているという気持ちが強く、つまり自己意識が強いと言いますが、あなたは外見や話し方というよりは純粋に話の内容に没頭しその中に入り込んでしまっています。自分が講演を聴く側のときに気になるポイントというのは、自分が実際に講演をするときに意識してしまうポイントと重なりますので、あなたは実際に自分が講演をするときは、自分の話のストーリーにうっとりとしてしまい、意識が自分が見られているかどうかには向かないので、全く緊張しないタイプと言えるでしょう。

心理テストでわかったこと

さてあなたは緊張しやすいタイプでしたか?見られていると意識した瞬間に、人は多少は緊張するものです。つまり意識が自己に向いていることが原因です。その意識をどこまで他のものに向けられるかが、緊張しやすいかどうかの決め手になりますので、もしあなたが緊張しやすいタイプであれば、話に没頭するなど、意識を他に向けてみてはいかがでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術