1. ホーム
  2. 占いの人気特集
  3. ≫自分で簡単にできる名前を使った相性占い

自分で簡単にできる名前を使った相性占い

赤ちゃんに名前を付けるとき、画数を気にする人は多いことかと思います。しかし、名前の響きまで意識する人はまだ少ないかもしれません。じつは、名前の最初の音には重要な意味があるとされ、占いの世界では「木性」「火性」「土性」「金性」「水性」の5つに分けることができます。また、自分がどれに属するかによって相性の良い人、悪い人を占えるのです。ちょっとした話のネタにも使える、名前を使った相性占いをさっそく試してみませんか?

名前を使った相性占い自分の属性を調べる方法

自分の名前が「木性」「火性」「土性」「金性」「水性」のどれに属しているのか、調べてみましょう。あなたの名前の最初の音が入っているところを探してください。

「木性」に属する音
カ、キ、ク、ケ、コ

「火性」に属する音
タ、チ、ツ、テ、ト、ナ、ニ、ヌ、ネ、ノ、ラ、リ、ル、レ、ロ

「土性」に属する音
ア、イ、ウ、エ、オ、ヤ、ユ、ヨ、ワ、ヲ、ン

「金性」に属する音
サ、シ、ス、セ、ソ、ハ、ヒ、フ、ヘ、ホ

「水性」に属する音
マ、ミ、ム、メ、モ

名前を使った相性占い自分の属性がもつ特徴は?

つづいて「木性」「火性」「土性」「金性」「水性」がそれぞれ、どんな特徴を持っているかチェックしてみましょう。

「木性」の人
社交性や向上心が豊かですが、器用貧乏になりがちな面もあります。

「火性」の人
知的好奇心が強く、頭の回転が早い人が多いです。一方で感情的になりがちな面もあります。

「土性」の人
忍耐強さがあり、大器晩成型の人が多いですが、頑固な性格な人が多いようです。

「金性」の人
金銭感覚に優れ、経営センスやマネジメント能力に恵まれていますが、少し見栄っ張りなところがあります。

「水性」の人
柔軟性と物事を客観的に見ることができる冷静さが魅力。ネガティブ思考に陥りがちなのが玉に傷です。

名前を使った相性占い相性が良い組み合わせと悪い組み合わせ

「木性」「火性」「土性」「金性」「水性」を使った名前の相性占いは、木や火などが持つ特性をイメージすると分かりやすいかと思います。たとえば、木を燃やすとで火が生まれるので、ふたつの相性は良いです。一方で、水は火を消してしまうので相性が悪いとされています。さっそく相性の良い組み合わせからみていきましょう。

相性が良い名前の最初の音の組み合わせ
金性と水性、水性と木性、木性と火性、火性と土性、土性と金性

相性が良い組み合わせは、先に書かれている属性が後に書かれている属性を生み出すことができることから、相性が良いとされています。つづいて相性が悪い組み合わせです。

相性が悪い名前の最初の音の組み合わせ
木性と土性、土性と水性、水性と火性、火性と金性、金性と木性

これらは先に書かれている属性が、後に書かれている属性を滅ぼしてしまうために相性が悪いとされています。そのため滅ぼされる側(後に書かれた属性)の方が相性という面ではデメリットが多くなるでしょう。

名前を使った相性占いまとめ

自分でもできる名前を使った相性占いはいかがでしたか?この相性占いで下の名前を使うのには理由があります。恋愛面における相性を占う場合、付き合っていたときは苗字で呼んでいた人も、結婚後は名前で呼ぶことになるので、下の名前の影響が強くなるためです。

仮に相性が悪く、自分が滅ぼす側にある場合は、相手に対して一歩引いた接し方を心がけることで強すぎる影響を緩和させ、恋愛関係を良好に保てる可能性があります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術