1. ホーム
  2. 六星占術・四柱推命
  3. ≫四柱推命とは・動物占いの元になった「冠帯」の意味

四柱推命とは・動物占いの元になった「冠帯」の意味

四柱推命とは

「冠帯(かんたい)」は動物占いではクロヒョウに当たります。他にも、通変星(つうへんせい)と言って、その人の性格や才能などを見るものもあります。

四柱推命「冠帯」の特徴

プライドが高く、自分が優位な立場でないと気が済まないタイプです。
そのため敵も造りやすいですが、どんな状況でも弱音を吐かずやり抜くので、応援してくれる仲間も現れます。
利益になりそうなことは一生懸命行うものの、そうでないと思うものは行わない、戦略的な面も持っています。
気性の荒くなるところもありますが、運気が落ちるので避けましょう。

4つの柱による意味の違い

年柱…向上心が高く、さらにいつまでも若々しく見えるタイプです。老後に近づくにつれ、今まで行ってきたことの評価が高まります。
月柱…態度がでかくなってしまったり、言葉が強すぎてしまい、相手を傷付けてしまう可能性があります。特にパートナーには配慮するよう心がけましょう。
日柱…自分中心に動いてしまいがちですが、向上心が高く、なんにでも立ち向かっていく強さがあるので成功しやすくなります。
時柱…子供に恵まれ、子供によって夫婦仲がさらに良くなります。さらに、子供が出世をして養ってくれます。

変通星と並んだ場合の効果

・比肩との組み合わせ
周りと協力するよりは、自分で何でも片付けてしまうタイプです。
無茶をしやすいので、健康面には気を付けておきましょう。

・劫財との組み合わせ
大人になってから、体調が優れなくなりがちなので注意しましょう。それを徹底すれば、晩年、健康に過ごすことが出来ます。

・食神との組み合わせ
子供にも恵まれ、安定した人生を送るでしょう。しかも子供はとても優秀で、親孝行してくれます。
子供がマザコンになる人も多くなります。

・傷官との組み合わせ
恋愛でのトラブルが常に付きまとうので注意しましょう。
また、仕事もなかなか安定しないことも多いです。

・偏財との組み合わせ
幸せな家庭を築けるタイプです。商売上手なので、男女共にこの組み合わせの場合は家庭のみに収まらないようにしましょう。

・正財との組み合わせ
とても真面目で、相手を支える能力もある人です。女性では、大和撫子のようなタイプと言え、結婚した相手は幸せ者と言えます。

・偏官との組み合わせ
我が強く、周りを振り回しがちです。
また、他人による金銭面でのトラブルで苦労しがちなので注意しましょう。

・正官との組み合わせ
会社員ならば、かなり高い地位を築くことが出来ます。女性はしっかりとしているため、いい夫を見つけ、素敵な家庭を築けるでしょう。

・偏印との組み合わせ
芸術に関わる仕事をすると良いでしょう。しかし、生活の浮き沈みは激しく、苦労はします。

・印綬との組み合わせ
人を指導することに向いています。
面倒見も良いため、何かの育成系のサポート、先生なども合っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術