1. ホーム
  2. 六星占術・四柱推命
  3. ≫四柱推命とは・動物占いの元になった「養」の意味

四柱推命とは・動物占いの元になった「養」の意味

四柱推命とは

「養(よう)」は動物占いではコジカに当たります。他にも、通変星(つうへんせい)と言って、その人の性格や才能などを見るものもあります。

四柱推命「養」の特徴

非常にマイペースで、周りを和やかな雰囲気にしてくれるパワーがあります。
養とは養われることを指しているため、あまり自分から率先して行うタイプではありません。
伸びしろはあるものの、初めは何もできない状態です。根気強く、スピード勝負などは苦手ですが、多少は我慢してコツコツと続けないと、いつまでの家の巣から飛び立つことはできません。

4つの柱による意味の違い

年柱…人からのサポートを受けやすくなります。また、男性の方は婿養子の縁があるでしょう。
月柱…結婚後に不倫などの甘い罠が待っているので気を付けましょう。また、人にも騙されやすいので、相談できるパートナーを見つけてください。
日柱…親との縁が薄く、若くして親以外の家庭にお世話になることがあります。また、恋愛トラブルも起きやすいので注意しましょう。
時柱…実の子供でも、養子だったとしても、子供に縁があり、恵まれます。その子供によって、将来は安泰でしょう。

変通星と並んだ場合の効果

・比肩との組み合わせ
相手を盛り上げるのが上手く、色々な場に呼ばれるでしょう。兄弟の仲は良ですが、養ってあげる可能性があります。

・劫財との組み合わせ
金銭面での苦労が絶えません。人に養ってもらう形になるでしょう。男性でも女性でも、パートナーやパートナーの家族にお世話になります。

・食神との組み合わせ
商売上手で、安定した家庭を築けます。金銭面で困ることはないでしょう。しかし、恋愛関係のトラブルが付きまとうので注意してください。

・傷官との組み合わせ
自分の力で、周りを養っていくことになります。それは自分の子供だけでなく、親や兄弟なども含まれます。

・偏財との組み合わせ
真面目で、豪遊などはしないタイプなので、金銭面で食べていけないほどの苦労はないでしょう。
婿養子などに入ると、さらに運気が上昇します。

・正財との組み合わせ
大きいお金の動きはないものの、安定してお金は入ってきます。
商売上手なタイプです。

・偏官との組み合わせ
バリバリと働き、出世していくタイプです。女性はキャリアウーマンになりますが、家庭を築くとさらにいいので念頭に入れておきましょう。

・正官との組み合わせ
公務員など、固めの仕事が向いています。逆に、自由に何でもできてしまう仕事だと、気持ちが不安定になるでしょう。

・偏印との組み合わせ
芸能界など、注目される仕事が向いています。
成功すれば、一気に有名になります。

・印綬との組み合わせ
自分の才能を早めに認識しておくと良いでしょう。それさえ分かってしまえば、成功は早くなります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術