1. ホーム
  2. 六星占術・四柱推命
  3. ≫通変星で読み解く四柱推命占い偏印の意味

通変星で読み解く四柱推命占い偏印の意味

四柱推命の偏印(へんいん)とは

瞬発的な破壊力を持っていると言われています。
今までのものを変化させるエネルギーを持っており、周りが見落としがちな色々な点にまで目を向けられる人です。
ただし、あくまでも瞬発的なエネルギーなので、長期的なものとなると一気にエネルギーが弱まるので注意しましょう。

四柱推命の偏印の性格

とにかく好奇心旺盛で、色々なことを体験したい、知りたいという欲求の強い人です。
そのため、何か縛られたり、一つのことをとことんやり続けるというのは苦手でしょう。自分で行ってみないと気が済まないので、経験値はかなり高いです。経験した分だけ、独創的なアイデアや誰も思い浮かばないような面白い企画などが生まれてきます。
ただし、新しいものを生み出すというのは、伝統から離れてしまうことにもなるので、自分のアイデアを本当に実現できる仕事なのかということを考えることが大切です。周りの顔色を窺わないと進められないものに関しては、偏印の個性がつぶれてしまうので注意してください。
あまり自分のことは語りたがらないので、何を考えているか分からないと思われている場合があります。仲良くなりたい人がいれば、積極的にコミュニケーションを取るように努力しましょう。

四柱推命の偏印の恋愛面

理想が高く、好きなタイプと嫌いなタイプがはっきりとしています。また、付き合い始めは猫を被っているため、相手に合わせ、相手の心地よい空間を作り上げます。しかし、飽きっぽい性格なので基本的には長続きしないで別れてしまうパターンが多いでしょう。
別れる理由も、気持ちがなくなっただけでなく、浮気が原因ということもあります。他にも、自分に甘く相手に厳しいところがあるため、自分のことは置いておいて、相手の欠点のみを攻めてしまう傾向にあります。
その場の気分で、楽しいからと付き合うのではなく、じっくりと考えて付き合うか決めるのが、トラブルを避けるポイントになります。

四柱推命の偏印の結婚面

束縛を嫌うため、パートナーも自由か、自由であることを許してくれるパートナーでなければ難しいでしょう。
また、仕事面では会社などの安定した場所で働くには向いていないので、基本的には自由業か、それに近いことをする可能性が高くなります。現在会社勤めだとしても、将来は独立を目指すべきです。そのため、その不安定な状況も良しとしてくれるパートナーでなければ難しいでしょう。
そして、自由すぎるからこそ、相手が不安になったり、浮気を疑ったりしますが、そういった行動をされると、結婚していても一気に冷めてしまうので注意しましょう。

四柱推命の偏印の仕事面

人から命令されることは嫌いなので、会社勤めの向いていないタイプと言えます。
もしも会社で勤めるのなら、大きな会社というよりは、ベンチャー企業のような出始めの会社で、面白いことに挑戦できると思える場所を選びましょう。
しかし、最終的には独立を目指した方が、楽しめるはずです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術