1. ホーム
  2. 六星占術・四柱推命
  3. ≫通変星で運勢を占う四柱推命占い偏財の意味

通変星で運勢を占う四柱推命占い偏財の意味

四柱推命の偏財(へんざい)とは

偏財とは、その名の通り、偏った財を表します。財には、お金だけでなく情報も意味します。これには、持つときと持たないときの差が激しいということを指します。
他にも、多趣味であり、多才であるという意味もあることから、魅力的と表現されることもあります。

四柱推命の偏財の性格

コミュニケーション能力に長けており、器用なので、友達の数はかなり多いでしょう。その分、交際費でかなりのお金を使ってしまいます。しかし、頭も良いため、あまり無駄な交際費は出さないように計算しながら使っていきます。とにかくいつも忙しく、スケジュールがびっしり埋まってしまうことも多くなります。
親切で優しく、付き合いやすい人で色々な情報を持っているので、様々な場面で活躍が出来ます。
多くの人に合うので、裏切られることなどもありますが、そうなった場合はすぐその人との縁を切ってしまうほどさっぱりとしたところもあります。しかし、魅力的な人なため、あまり裏切られることは少なそうです。
内面を水に、外見のみで判断してしまうところがありますが、それが強すぎるとチャンスを逃してしまう場合があるので気を付けましょう。

四柱推命の偏財の恋愛面

交友関係が広く、知り合いも多いため、とても魅力的でモテて、恋人が途切れることはないでしょう。異性との打ち解けるスピードも速く、相手の嬉しい言葉を言えるので、かなりのアプローチ上手です。ただし、意外と現実主義で、付き合った後はあまりロマンティックなムードになることはなさそうです。ロマンティックなムードにはならずとも、多趣味なので、付き合えば、毎日楽しくは過ごせるでしょう。
お金は、出してもらうよりも、出す方が好きなので、ついつい調子に乗って出しすぎてしまう場合があるので注意しましょう。

四柱推命の偏財の結婚面

容姿にばかり捉われて、相手の内面を見ないで勢いで結婚してしまうと、後にトラブルに発展しやすいので注意が必要です。
そのため、世話好きで愛情深いパートナーを見つければ、幸せな家庭の築けます。
また、相手の優しさに甘えすぎるのも気を付けましょう。
偏財を持つ人自身も、相手に気持ちを素直に伝え、話し合う時間を設けてください。お互いのコミュニケーションの時間を怠らなければ、笑いの絶えない家庭になります。
女性の場合は、嫁姑問題に悩まされる場合があるので、夫に守ってもらえるように相談しておくことも大切です。

四柱推命の偏財の仕事面

高い社交性と行動力から、周りからも人気があり、大きなお金を動かす能力も備えています。
そのため、商売やサービス業の場で、その力は発揮できるでしょう。
派手なことが好きで、人から注目されることは苦ではないので、クライアントと話せる仕事が向いています。営業職なども合っています。
逆に、部屋にこもってコツコツと続ける仕事はストレスになるので注意しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術