1. ホーム
  2. 六星占術・四柱推命
  3. ≫通変星で運勢占いできる四柱推命の印綬・食神の意味

通変星で運勢占いできる四柱推命の印綬・食神の意味

四柱推命「印綬」の特徴

印綬は、学問や名誉を意味しています。
そのため、知識や教養のある人を指します。また、知識や教養への憧れとも言われており、勉強家な人に見られます。

四柱推命「印綬」の性格

見た目は大人しそうですが、企画する能力に長けており、負けず嫌いでバリバリと仕事をこなすタイプです。知識や教養への憧れが強く、何事にも全力で取り組んでくれます。
母性本能が強く、子供や後輩などの面倒見が良いところもあります。ただし、知識を付けるというところに印綬の良さが現れてくるので、あまり同じ場所だけ留まっているのはお勧めできません。
また、今の知識に自信を持ちすぎてしまうと、自己中心的になってしまい、相手へ高圧的な態度を取ってしまうので、いつでも初心を忘れずに、謙虚に行うことが大切になります。自己中心的な態度を続けると、せっかくの才能を活かせるチャンスが来なかったり、見過ごしてしまったりします。人が言っていることに意見を言いたくなる、理屈っぽいところがありますが、周りと溝を作るだけなので、一旦は冷静になる時間を取って話すようにしましょう。

四柱推命「印綬」の恋愛面

どんな時でも冷静でいられるタイプなので、誰かを好きになったとしても、大問題になるような恋愛はしないでしょう。世間体も気にするので、不倫や浮気といった心配もありません。
プライドが高いので、好きか嫌いかというよりは、相手のステータスを気にします。男性ならば、家庭的なのかどうかや、家柄など、女性ならば、相手の経済状況など、かなり計算をしてから付き合い始めます。
ハードルは高いものの、一度付き合ってしまえば母性本能の強いタイプなので守ってあげたいという気持ちが強く表れてきます。

四柱推命「印綬」の結婚面

古風な趣味などを持っているタイプなので、それを良しと思えるようなパートナーを選ぶと良いでしょう。
とはいえ、もともと付き合う段階でかなりのハードルを設けているので、付き合っている中で大きな問題がなければ結婚というパターンになります。
しかし、自己中心的で理屈っぽいところがあるので、相手がそれに疲れてしまわないようにだけは気を付けましょう。気持ちのすれ違いがないよう、相手の気持ちも考えながらコミュニケーションを取ることが大切です。

四柱推命「印綬」の仕事面

研究職などで、没頭できるような仕事に向いているタイプです。
もしくは、プライドが高いので、印綬を持つ人が重宝されるような仕事を見つけられると良いでしょう。企画力があるので、そういったものを披露できる場のある所に勤めても楽しく働けます。
しかし、サービス業や肉体労働などは、精神的にも疲れてしまうので向いていないので、そういった仕事に就いた場合は、指導係などに回れるようにしましょう。

四柱推命食神とは

食という名前がついている通り、食べること=生活することについて表すものです。つまり、衣食住を指しています。
また、子供の意味も持ち合わせています。そのため、家族団らんの楽しく、おいしい、平和な食卓のイメージになります。

四柱推命食神の性格

とにかく、おっとりとしていてマイペースで、楽天的なタイプです。
食神は、衣食住に困らないとされており、いつもなぜかどうにかなってしcまう運気を持っています。そのため、生活が出来ないほどの困難な状況はなく、焦るということがありません。
勉強で頑張る、仕事をバリバリこなすということもないでしょう。それよりは、自然の中で、自分のペースで楽しく生活をしていくという方が向いています、
素直で純粋な性格なので、仕事などをバリバリ行うと、周りから仕事を断れずに増えてしまい、体を壊してしまうこともあります。あまり仕事が合わない、きつすぎるという場合は、思い切って転職を考えても良いでしょう。
しかし、現実に目を背けがちなので、多少面倒くさくとも、多少厳しい現実だとしても、自分の経済状況などきちんと把握しておく必要はあります。

四柱推命食神の恋愛面

とてもロマンチストで優しい性格なので、自然と相手と距離を縮めていける人でしょう。
のんびりとしているので、あまり情熱的な言葉を言うことなどはありませんが、浮気などもなく、楽しく平和な付き合いが出来ます。とにかく家族や友達の紹介をして、みんなを巻き込んで楽しく交際をしたいというタイプです。そのため、相性さえ良ければ、そのままトントン拍子に結婚ということもあるでしょう。
いままでの友達の中から付き合うよりは、紹介によって付き合う場合の方が多くなります。
ちなみに、食神が強く出すぎる人は、あまり特徴がなく、物足りない人と見えてしまうので、ある程度の積極性は持つようにしましょう。

四柱推命食神の結婚面

のんびりとした性格は、もちろん結婚してからも同じです。
仕事もバリバリするタイプではないので、それをよしとしてくれる相手か、もしくは同じようなタイプの
パートナーが合っています。ここで、パートナーから縛られすぎると疲れてしまうので、いつまでも楽しい家庭を築けると思える人と結婚しましょう。妥協して結婚しても、精神的に自分が苦労するだけです。
趣味など、なにか少しでもいいので共通の話題を持っている相手がベストです。

四柱推命食神の仕事面

衣食住の仕事が向いています。
大きなお店を担当するというよりは、こじんまりした個人店などでゆったりと働ける環境が適しています。
田舎でお店を開くなども向いているので、自分のペースで、自分に合わせていける環境づくりを徹底しましょう。
それを支えてくれるパートナー選びも大切と言えるでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術