1. ホーム
  2. 六星占術・四柱推命
  3. ≫通変星で読み解く四柱推命占い正官の意味

通変星で読み解く四柱推命占い正官の意味

四柱推命の正官(せいかん)とは

正官とは、正しい事を受け止めるという意味を持ちます。
気品に溢れ、プライドの高いタイプということも表します。気品が強くなればなるほどしんらい、信用も高まってきます。

四柱推命の正官(せいかん)の性格

真面目で常識的なタイプで、責任感も強く、一度決めたらやる通す粘り強さを持っています。
ルールや約束も、その場に合わせてすぐに飲み込んで受け入れるでしょう。気品に溢れいい加減なところがないため、様々な場面で信頼を得られるでしょう。金銭面やタイムマネジメントなどもしっかりと出来るため、管理なども向いています。
ただし、正官が強く出すぎてしまうと、頭が固すぎて面白くない、融通が利かないと非難されることもあります。自分をあまりオープンにするタイプではないので、冷たいと感じる人もいるでしょう。
また、プライドが高く見栄っ張りなところもあり、周りの目をとても気にしています。特に、上の立場の人に対しては良く見えるように動きますが、部下に対しては冷たくなってしまう場合もあるので注意しましょう。

四柱推命の正官(せいかん)の恋愛面

軽い気持ちで付き合うということはあまりないタイプでしょう。
真面目で律儀なところは、正官を持っている人の良い面なので、その点を良いと思ってくれる人を見つけましょう。人によっては、真面目すぎて面白くないと言われる場合もありますが、真面目なところが正官の良い部分なので、そこは落ち込まずに次へ行くようにしましょう。
名誉や地位などを見ているため、勢いで付き合ったり、ということはあまりなく、お見合いなどで、どういう人が希望か伝え、絞った後に知り合った人との方が上手くいきやすいでしょう。
付き合えば、そのまま結婚まで行く可能性が高くなります。

四柱推命の正官(せいかん)の結婚面

真面目で几帳面で、プライドが高いというのは、結婚をしても変わることはありません。
そのため、男性なら、世間から見てうらやましい、素敵だと思われる女性を、女性ならば、出世をするかどうか、もしくは出世しているか、もしくは何か素晴らしい名誉を持った人かというところを見て決めます。
どちらにしても、計算高いタイプなので、基本的には安定した家庭を築くことが出来ます。
子供が出来ると、たくさんのことをしてあげたいと思うがあまり、塾や習い事などを詰め込んでしまいますが、子供の意志も確認しつつ、あまり無理をさせないようにしましょう。

四柱推命の正官(せいかん)の仕事面

地位や名誉を獲得できる仕事が向いています。真面目で礼儀正しく、着実に業務をこなしていけるため、周りからの評価も高くなります。
独立しても成功しやすいタイプですが、リスクを負ってまで独立したいという願望はないため、ほとんどの人が会社勤めになります。
独立をしても、会社勤めでも、それなりに成功はおさめられます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
パワーストーン 西洋占星術